医療レーザー脱毛との違いは?

MENU

医療レーザー脱毛との違いは?

医療レーザー脱毛

エステサロンと脱毛サロンなどで行われている光脱毛と、病院やクリニックなど医師が常駐している医療機関で行われている医療レーザー脱毛には、いろいろな違いがあります。

 

まず、脱毛方法が異なります。

 

サロンでは光脱毛が行われていますが、光の周波を利用することで毛母細胞を熱反応させて破壊するというメカニズムとなっています。

 

一方、医療レーザー脱毛ではメカニズムは同じですが光よりも強いレーザーを毛母細胞に反応させるため、一度の施術でも大きな脱毛効果が期待できます。サロンよりも少ない回数で永久脱毛できるというのは、照射出力が強いからなのです。

 

かかる施術料金にも大きな違いがあります。全国に脱毛サロンはたくさんあり、まだまだ増え続けています。そのため、市場競争も加わって施術料金はどんどん低料金化する傾向にあります。

 

ですが脱毛サロンに比べると圧倒的に店舗数が少なくコストがかかり、痛みやトラブルも付き物なので当サイトとしてはあまりおすすめはしていません。

 

医療レーザー脱毛とは医療行為の脱毛方法です

 

最近では、両ワキ脱毛が無料だったり、以前ではリーズナブルにならなかった膝下など面積が広い部位でも低料金で施術を受けられるサロンが増えています。こうしたサロンでは、数回の施術がコースとなっていて、コースごとに契約するのが一般的となっています。

 

一方、医療レーザー脱毛は、病院やクリニックなどの医療機関で行われている医療行為としての脱毛です。

 

クリニックによっては複数の回数がコースとなっているサービスも提供されていますが、一般的には施術を受けるたびにかかった費用を自分で支払うというシステムが多くなっています。医療行為でも健康保険が適用されない自由診療となるため、両ワキの脱毛でも1回あたり15000円程度かかってしまうクリニックが多いようです。

 

なぜ医療レーザー脱毛はここまで高額なのでしょうか?それは、施術に使われているレーザー脱毛機器の購入価格がサロンで使われている光脱毛機器の購入価格と比べて桁が明らかに違うほど高額だからということが理由となっています。

 

高額な機器を使っての施術では、どうしても利用者側のかかるコストの負担も大きくなってしまうわけですね。

 

脱毛サロンでの施術は、病院で受けることができる医療レーザー脱毛と比べると、痛みが少なくコストもかからないというメリットがあります。

 

同じレベルの永久脱毛効果を得るために必要な施術回数はどうしても多くなってしまいますが、痛いのは嫌と言う人や、できるだけお金をかけずにツルツル肌になりたいという人にとっては、医療脱毛ではなくサロン脱毛を選択するのがおすすめです。

 

⇒「女子に人気の脱毛サロンランキング