短期痩せの方法とリバウンドしない方法

短期やせダイエット

短期痩せの方法が健康重視の痩せ方とは限らないので、その場だけ痩せたいのか?長期的に痩せていたいのか??このあたりでも施策は変わってくるのでまず自分の利用の部分を明確にしてから自分はどの様なボディーラインを求めているのか??この辺も含めて短期か長期か選んでみてはいかがでしょうか?

 

健康的なダイエットとは、1ヶ月に1キロを目安として、無理なく長く続けながら少しずつ体重を落としていくダイエットです。しかし、ダイエットしたいと考えている人の多くは、今すぐに10キロぐらい落としたいと思っていたり、3か月で10キロ痩せたい!と短期間のうちに大幅減量したいと希望するものです。

 

短期間で大幅に減量することにはリバウンドなどのリスクもあるため、実践する場合にはリスクを十分に理解した上で、急にダイエットをやめたりせず、少しずつ体を元の状態に戻す努力や意識が必要となります。

 

短期痩せで急遽痩せたい時には摂取カロリーと基礎代謝が大事!

 

短期痩せの方法で最も効果的なのは、食事管理と運動を同時に行うという方法です。肥満になってしまう人の多くは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れていることが多いものです。そこで、摂取カロリーはできるだけ基礎代謝と同じぐらいまで抑え、その分体を動かすことによっていつもより多くエネルギー消費する生活を心がければ、1ヶ月でマイナス10キロも十分に可能です。

 

痩身効果を期待したい場合には、ハードな筋トレをするよりは、有酸素運動など、長い時間続けられるような運動がおすすめです。ウォーキングやランニング、サイクリングや水泳など、有酸素運動にもいろいろな種類がありますが、できれば一日何回かできるようなものを取り入れると良いでしょう。

 

例えば通勤時間を利用する場合には、自宅からマイカーで駅まで送迎していたところを自転車に変えたり、駅では階段を使い、バスや電車では座らずに立っているだけでも、大きな運動効果が期待できます。

 

基礎代謝をアップすることも、大きなダイエット効果につながります。体幹を鍛えることができるヨガやピラティスなどのストレッチ系有酸素運動は、息が上がって疲れてしまうことが少ないので、楽しく続けやすい運動です。筋肉をほぐしてリラックス効果もあるので、寝る前やお風呂上りなどに楽しみながらヨガやピラティスに励むことも、短期痩せ効果があります。

 

短期痩せというと、食事制限をしたりプチ断食をして無理に食べない生活をする人も多いのですが、いくら短期痩せでも食べないのはNGです。

 

食べないことで体が飢餓状態に陥り、少ないエネルギーで生命維持をするエコモードになってしまいます。そうすると、プチ断食などをやめた時には一気にカロリー過剰摂取となり、リバウンド回避できなくなってしまうのです。食事は間食をやめて、あっさり系の食事に変えることで調整しましょう。