痩せたい時の食事と運動は?制限ではなく見直しがポイント

食事と運動

痩せたい!という時はついつい手っ取り早い食事制限をして食べる量を減らしてしまいがち。

 

しかし、食事制限をして一時的に体重を減らすことはできても、なんとなく貧相な痩せ方になってしまったり、長期的に続けられないためにすぐリバウンドしてしまうことは少なくありません。

 

また、食事制限をすることによって、リバウンドした時に以前よりも体重が増えてしまうという悲劇にもなりかねません。

 

その理由は、食事制限をしたり栄養のバランスが崩れてしまうと、体はその状態で生命維持しなければならないと認識し、エコモードに入ってしまうからです。

 

動物の冬眠と同じで、少ない摂取カロリーでもバランスよくエネルギーを消費できるエコ運転になってしまうわけです。そうすると、それまで一日当たり1500キロカロリー程度使われていた基礎代謝が900キロカロリーで賄えるようになってしまいます。これが、実はリバウンドの大きな原因となります。

 

プチ断食や食事制限を実際に行ってみると、かなりきついものです。数日だけだから頑張れたり、目標の体重になったらやめようというゴールが決まっているから頑張ることができます。遅かれ早かれ辞める日が必ず来る食事制限系のダイエットをしていると、やめた時に基礎代謝のバランスが一気に崩れてしまいます。

 

エコモードで一日900キロカロリー程度の基礎代謝になっていた人が、通常通り2000キロカロリーの食事をした場合、本来は基礎代謝で1500キロカロリーは燃焼できていたのに、エコモードになったために基礎代謝で燃焼できるエネルギーはわずか900キロカロリーのみ。残りはすべて、過剰なエネルギーとして脂肪になってしまうのです。

 

美しく痩せたい場合には、食事制限をするのではなく、糖質や脂質など脂肪になりやすい成分はできるだけ控え、ミネラルやビタミンなど脂肪を分解してくれたり脂肪をつきにくくする成分を積極的に食べると良いでしょう。

 

また、筋肉を鍛えることによって美しいボディラインへと改善できるので、食事だけではなく適度な運動も必要です。ハードな筋トレをする必要はないので、ウォーキングやジョギングなど、できるものを毎日の生活の中に上手に取り入れたり、ヨガやピラティスなどストレッチ系のものを一日の最後に取り入れて、筋肉を効率的に鍛えてあげると良いでしょう。

 

痩せたい時には食事制限をするのは禁物ですが、かといって食べすぎももちろん厳禁です。

 

満腹感を感じる直前でやめる習慣をつけたり、中華や洋食などコッテリ系の食事ではなく、あっさり系の和食にするなど、何を食べるか見直すだけでも大きな効果が期待できます。