紫外線対策とシミの関係|基底層までシミが定着

MENU

紫外線対策とシミの関係|基底層までシミが定着

シミ対策

「紫外線対策はしっかりしているのに、どうしてシミができてしまうの?」と憤慨する女性は少なくありません。

 

上記の画像がシミができている部分の断面図になり、表面だけではなく基底層までメラニン色素としてシミが定着している状態になります。

 

私たちの肌は、紫外線を浴びると肌の奥深い部分でメラニン色素が作られます。シミ予備軍と呼ばれるもので、この段階では肌の奥深い部分に作られているので、肌の表面にシミはできていませんし、目視することもできません。

 

しかし、こうして作られたシミ予備軍は、長い時間をかけて少しずつ肌の表面へと浮上し、ある日シミとして肌の表面に現れることになります。シミ予備軍が作られてから実際にシミとなって肌に表れるまでにかかる期間は、個人差がありますが5年〜10年と言われているほど長いものです。

 

つまり、10年前の無防備な生活が、今のシミを作っているといえますし、現在の美白ケアや紫外線対策が、5年後、10年後の肌に大きな違いを与えるともいえるのです。

 

シミを作らないためには、どのような紫外線対策をすれば良いのでしょうか?

 

まず、太陽光線に紫外線が含まれていることは避けることができませんし、太陽に全く当たらずに生活することは不可能ですから、降り注ぐ紫外線によって少しでも肌へのダメージを少なくする方法を考えましょう。

 

日焼け止めは紫外線による肌へのダメージを阻止してくれる優秀なアイテムですが、夏だけではなく、冬など紫外線があまり強くない時でも、ファンデーションの下地に日焼け止め効果があるものを利用したりして、紫外線予防は年間を通して行ったほうが良いでしょう。

 

また、日焼け止めは、一日一回塗ればよいというけではありません。日焼け止めはそれぞれ効果が持続する時間がありますから、アウトドアで過ごす時間が長い人、朝と夕方の通勤で紫外線をしっかりブロックしたい場合には、スプレータイプなどで簡単に使える日焼け止めを利用して、こまめに塗り直すようにしましょう。

 

誰でもうっかり紫外線を浴びすぎてしまったり、うっかり日焼けしてしまうことはあります。その場合には、アロエなどで炎症を抑える方法も効果がありますが、肌の内側で既にメラニン色素が作られているので、すぐに美白スキンケアを使って作られたばかりのメラニン色素を分解してしまいましょう。

 

放置するとメラニン色素が広がったり濃くなるので、美白ケアにも時間がかかってしまいます。肌が少し火照ったらすぐに美白ケアで解消してあげるのが理想的です。毎日の継続が数年後の自分の肌に大きく影響することを忘れずに、毎日の美白ケアに努めたいものです。

 

そんな中で透明性の高い美白効果のある敏感肌からアレルギー肌の肩まで安心して利用することができる化粧品がこちらの「サエルシリーズ」になります。

 

敏感肌も安心!!美白化粧品はディセンシアの「サエル」が透明度の高い美白効果を実現