化粧ノリを良くする方法

MENU

化粧ノリを良くする方法

化粧ノリを良くする方法

化粧ノリをよくする方法としては、その土台となる肌の状態をよくすることが最も簡単で周りの人が気づくお肌の綺麗さに繋がります。

 

どんなにファンデーションを厚塗りしても、どんなに優秀な成分がたっぷり入っているファンデーションを使っても、その土台となる肌の状態が良くなければ、化粧ノリが良くなることはありません。メイクのノリを少しでもアップするためには、その前に行うスキンケアを少し工夫してみましょう。

 

まず、スキンケアでは徹底した保湿を心がけてください。

 

※ただしここで大事なことがお肌表面だけを潤すことではなく、角質層の奥深くまで浸透させることでスキンケア成分がしっかりと浸透してお肌の内部からその美肌効果を発揮することになります。

 

そしてそれが結果的にお肌への負担の軽減にもつながり安定した成分をお肌へと供給できる仕組みとなります。

 

【医療レベルのテクノロジー】この浸透力は コスメとは呼べない

 

浸透させることができる化粧品で肌に水分をたっぷり浸透させてあげることによって、一つ一つの肌細胞がタップリを水分を吸収してふっくらとなります。

 

お肌のバランスを整えてメイク崩れの原因になっている皮脂のバランスも整えながら、化粧下地のベースがお肌の伸縮に応じて化粧下地もよれずについてくるので時間が経っても、夜になっても朝と変わらない均一なお肌を保つことができる化粧品になっています。

 

化粧ノリは良くてもヨレが出ないためには化粧下地からが大事になってきます

 

肌の透明感がアップしたり、肌のきめが細かくなったり、毛穴が目立ちくくなるはずです。肌にたっぷり保湿をする場合には、現在使っている化粧水でも良いですし、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿作用の高い成分が入った化粧水を使っても良いでしょう。どんな化粧水を使うのかが大切というわけではなく、どんな風に肌の内側に確実に浸透させるのかが大切です。

 

化粧水をつける際には、コットンではなく手で付けるのが鉄則。コットンでは肌の表面の角質層がはがれてしまうので、肌が乾燥しやすくなってしまいます。手のひらに少量の化粧水を取ったら、手のひらの温度で毛穴の中に化粧水成分を押し込むような感じでパッティングしながら塗布してください。

 

そして、10秒ぐらい時間を空けて、毛穴の中に成分が浸透したら、2回目、3回目と化粧水を何回か重ねづけしてあげましょう。手のひらが頬に吸い付くぐらい肌がモチモチになったらOKです。

 

肌が乾燥しやすい人や、白く粉を吹いたりして極度に乾燥している人の場合には、市販のシートマスクなどを使って集中ケアをしてあげると良いでしょう。メイクする直前にシートマスクを使えば、肌にたっぷり水分補給できるので、メイクのノリは確実にアップします。シートマスクの放置時間ですが、長くても5分を目安にするのがコツです。

 

長く放置しすぎると肌にせっかく与えた水分がシートマスクに吸収されてしまうので、思うほどの効果が期待できなくなってしまいます。

 

肌の血行を良くする方法も化粧ノリをアップする効果が期待できます。マッサージなどをして血行を良くしたり、シャワーではなく湯船につかる習慣をつけて、全身や顔の血行を促進する方法も効果的です。

 

ただし、マッサージする際にはあまりこすりすぎないように気をつけてくださいね。マッサージクリームを使う方法もおすすめですが、オイルタイプのメイク落としなどで代用するのはNGです。気を付けましょう。