ニキビ跡の改善方法

MENU

ニキビ跡の改善方法

ニキビ跡の改善方法

ニキビ跡は、一度できてしまうと改善するのに気が遠くなるほどの時間がかかってしまいます。そのため、できるだけニキビ跡を作らないようなニキビケアやニキビ予防をすることが大切なのですが、気が付いたらニキビ跡ができてしまったという人は少なくありません。

 

もしもニキビ跡ができてしまったらどのようにケアするのが良いのでしょうか?

 

ニキビ跡には、大きく分けて肌の表面が凸凹のクレーター状になってしまっているタイプの跡と、肌の表面は平らで肌の内側に茶色や赤の色素沈着ができてしまう跡に分類することができます。どちらのタイプにも効果的な改善方法は、実はスキンケアだけではなく誰でも簡単にできる方法も必須の項目になっています。

 

その最も簡単な方法が睡眠です。

 

ニキビ跡改善には睡眠が外せない要因です。私たちの体は、眠っている間に新陳代謝が行われます。新陳代謝は眠っていなければ行われませんし、体を休めているだけでは疲れは取れても新陳代謝は行われません。

 

この新陳代謝によって、体は疲れやストレスを解消できたり、内臓器官のダメージが修復されたり、肌は内側から新しい細胞が作られて、表面の古い細胞が垢として剥がれ落ちるなど、体の内側でも表面でもたくさんの作用が期待できます。

 

そして悩みに悩んだニキビ跡からニキビまで効果的に改善するステップがこちらになるのでまずは参考にしてみてください。

 

ニキビ改善プログラム詳細とお試しトライアルセット【ビーグレン365日返金保証付き】

 

仕事が忙しかったりすると、ついついおろそかになりがちな睡眠ですが、ニキビ跡を改善するためには、どんな方法よりも低コストで確実、大きな効果が期待できる改善方法となっているので参考にしてみてください。

 

色素沈着タイプのニキビ跡には?

 

色素沈着タイプのニキビ跡なら、美白化粧品を使って改善できることもあります。

 

こちらの「美白スキンケア方法」も参考になるのであわせて読んでみてください。

 

こうしたニキビ跡は肌の内側にメラニン色素が集まってしまうというメカニズムによって起こるため、メラニン色素を分解してくれるハイドロキノンやビタミンCなど美白効果のある成分がたっぷり配合されているスキンケア用品を使ってみてください。

 

一朝一夕に跡がなくなるというわけではありませんが、少しずつ目立たなくなっていくはずです。

 

どうしても今すぐにニキビ跡を改善したい場合には、フェイシャルエステサロンなどでのレーザー施術が効果的です。

 

光フェイシャル体験コース詳細はこちら

 

レーザーや光をニキビが気になる場所に照射することによって、肌の内側の真皮層を刺激し、内側で新しい肌細胞がどんどん(活性化される)作られるようになります。

 

新しい細胞が作られれば古い細胞が押し上げられて排出されるので、改善するのが困難と言われている凸凹タイプのニキビ跡でも少しずつ目立たなくなりますし、施術を継続しているうちにほとんど気にならないほどに改善することも可能です。