シミくすみを治す方法

MENU

シミくすみを治す方法

シミを治す方法

シミやくすみを治す方法にはいくつかの方法があります。まず、スキンケアを見直すことで改善する方法ですが、これはシミやくすみが気になる人の多くが実際に試したことがある方法ではないでしょうか。

 

メラニンがシミやくすみの原因位なっていますがそのメラニンの黒化を白化へと導くと同時にお肌のバリア機能を高めるセラミドを補給しながら酸化や炎症などの症状も抑えながら美白効果が効き易いお肌にすることがまず第一条件です。

 

そのために必要な成分とサイクルを生み出すことができるのがディセンシア「サエル」です。

 

つけた瞬間に分かる浸透感♪美白化粧品はディセンシアの「サエル」が透明感No1♪

 

美白成分の中でもクスミに大きな効果が期待できるのはビタミンC。肌のくすみは細胞が皮脂によって酸化してしまうことが原因で起きることが多いので、抗酸化作用を持つビタミンCを塗布することによって、くすみにくい肌質へと改善できます。

 

ビタミンCには、肌の内側に潜んでいるシミ予備軍を撃退する働きもあるので、これから出てくるであろうシミ予備軍のメラニン色素を、シミになってしまう前に解消してくれる予防効果もあります。

 

すでに肌の表面にできているシミを何とかしたい場合には、アルブチンがおすすめです。この成分は、漂白成分と呼ばれているハイドロキノンを安定化させた成分で、見えているシミには大きな効果が期待できます。

 

ハイドロキノンは皮膚科で処方してもらわなければ手に入らない成分で、肝斑などのシミには大きな効果を発揮してくれます。ただし、高濃度になると肌への刺激も強く、肌トラブルを起こしやすくなってしまうので注意しなければいけません。

 

他にも美白成分はたくさんありますが、これらの成分をスキンケアとして肌に塗布する場合には、肌の表面だけでなく内側までしっかり浸透できるように、手のひらで優しくパッティングしながら重ねづけする方法がおすすめです。

 

肌は乾燥するとくすみやすくなりますから、できるだけ肌を乾燥させないように、化粧水の後には美容液やクリームなどで肌に与えた水分に蓋をしてあげることも必要ですね。

 

シミは、一度できてしまうと改善するのに時間がかかってしまうので、できるだけシミができないように予防策を講じることも必要です。

 

例えば外出する時には季節を問わずに日焼け止めを使ったり、必要以上に紫外線を浴びないように意識することも、シミ予防には大きな効果が期待できます。

 

また、紫外線をたくさん浴びてしまったなと感じたら、美白成分がたっぷり入っているシートマスクやパックなどをするのも効果的です。シミはできてからではなく、できる前に予防するのがベストなのです。