お肌のたるみを治す方法とのリンパのつまり悩み解消方法

MENU

お肌のたるみを治す方法とのリンパのつまり悩み解消方法

お肌のたるみを治す方法

お肌のたるみを治す方法とのリンパのつまり悩み解消方法は色々対策としてはありますが、年齢を重ねると、誰でも筋力が低下するので肌はたるみやすくなります。

 

頭皮と顔の皮膚は一枚でつながっているため、頭皮と顔の皮膚が年齢によってたるんでしまうと、顔の下半分にある口元あたりにたるんだ肌が寄ってしまいます。これが、ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインの原因にもなってしまいます。

 

肌のたるみを治す方法と解消するためには、まず肌をたるませている根本的な原因である筋肉を鍛えてあげる方法が効果的です。

 

顔の皮膚を支えている表情筋は、ハードな筋トレをしなくても、普段の生活の中でちょっとした表情筋体操などをすれば鍛えることができます。

 

最も簡単な方法は、顔面全体を使ってゆっくり「あえいおう」と発音する方法。一つの文字に1秒ぐらい時間をかけながらこのエクササイズをすると、慣れないうちは数回で顔が痛くなってしまいます。

 

毎日何回かこの表情筋体操を繰り返すだけで、表情筋は少しずつ鍛えられますから、肌があるべき位置までリフトアップされ、たるみの改善へとつながります。

 

自宅で簡単にできることなので出来ることから始めてみるのも良いことです。

 

自宅でできるお肌のたるみを治す方法 その2

 

お肌のたるみを治す方法の2つ目として血行促進のマッサージも効果的です。特に頭皮は毛細血管が多く、うっかりすると血行が悪くなりやすい場所です。両手を開いて指の腹で頭皮を上からつかみ、クレーンで頭を上に持ち上げるような感じでゆっくりマッサージしてみてください。

 

簡単な方法ですが、これで頭皮の血行が促進されるので、筋肉や肌の細胞にも十分な酸素や栄養成分が行きわたり、リフトアップ効果が期待できます。

 

たるみ解消には、普段のスキンケアで肌にたっぷりと水分補給をしてあげると同時に、肌の弾力を改善できる作用のある成分を与えてあげるという方法もあります。

 

重度にたるんでしまった肌にはあまり大きな見た目の変化は実感できませんが、乾燥して弾力を失っている肌にスキンケアで十分な水分と弾力成分を与えることによって、肌はハリを取り戻すので、わずかなたるみならこの方法で改善することができます。

 

たるみ改善のためのサプリメントも有効です。アンチエイジング効果が高いと言われているαリポ酸やコエンザイムQ10をサプリメントとして体内に摂取すれば、体の内側から全身の細胞が弾力性を取り戻し、たるみにくい肌質へと改善することができます。

 

エステサロンなどのフェイシャルエステも、肌だけでなくリンパの流れの正常化から、不純物、老廃物の排出をすることができるので、たるみ解消とリフトアップ効果が高いので、

 

リンパ管や血管の流れの正常化にも繋がりアンチエイジング作用が期待できるので、生活習慣病の予防や症状改善にもつながるという二次的な効果も期待できるのが特徴です。

 

自己ケアにしてもエステケアにしても役割分担があるので、自分で出来ること、自分ではできないことの切り分けをしてからたるみを治すことにつなげていきましょう。

 

コスメソムリエTOPへ