毛穴の開きを治す方法とその原因

MENU

毛穴の開きを治す方法とその原因をご存知ですか?

毛穴の開きを治す方法

毛穴の開きを治す方法は多数ありますが、結局は洗浄と引き締めが一番大事なのでまず最初に覚えておいてください。

 

若い頃には毛穴なんて開いていなかったのに、ある日ふと鏡を見たら、毛穴がクレーターのように開いていた!と言う人は少なくありません。毛穴の開きを引き起こす原因にはいろいろありますが、年齢によって毛穴周辺の肌細胞が弾力性を失ってしまったり、肌が乾燥して伸縮しにくくなってしまったり、また、毛穴の中に詰まった皮脂が毛穴が開きっぱなしの原因になっていることもあります。

 

毛穴が開いていると、どうしてもファンデーションで隠そうとしてしまう人が多いのですが、これはNGです。

 

メイクした直後には毛穴を隠すことができても、時間が経つと肌が酸化して乾燥し、毛穴が開いてファンデーションが毛穴落ちしてしまうこともあります。毛穴の中にファンデーションが詰まってニキビになったり、別の肌トラブルを引き起こす原因になってしまうことも考えられるので、やめましょう。

 

毛穴の改善は、原因ごと取り除くケアが必要となります。例えば、定期的なピーリングをすると、肌表面の古い角質層をスッキリ除去できるので、内側から弾力性のある肌細胞が出てきて、毛穴の開きも少しずつ目立たなくなります。

 

夕方やファンデーションのヨレが気になりだしたら大人の毛穴対策

 

毛穴の開きとピーリング

 

ピーリングをする際には、ゴシゴシこすらなくてもピーリング剤の成分が自然に古い角質をはがしてくれるので、できるだけ肌に負担をかけないように気を付けましょう。また、ピーリングの頻度は多くても週に1回までに抑えておいた方が肌への負担を軽くできます。

 

毛穴が開きやすい人の中には、乾燥肌の人も少なくありません。肌が乾燥すると水分が不足するのでどうしても弾力がなくなってしまい、開いた毛穴が閉じにくくなってしまうこともあります。そのため、乾燥肌で悩んでいて毛穴も開きっぱなしという場合には、肌にたっぷり水分補給してあげる方法もおすすめです。

 

普段のスキンケアで使っている化粧水を見直して、ヒアルロン酸やセラミドなど、高い保湿効果のある成分が入った物を使ってみてください。そして、コットンではなく手のひらで化粧水を何回かに分けて重ねづけすると、肌の内側まで有効成分が浸透し、肌がモチモチになります。

 

肌細胞の一つ一つが水分を含んでたっぷり大きくふっくらしてくれれば、毛穴の開きも目立たなくなるはずです。

 

肌が乾燥しやすい人は、普段のスキンケアを見直すだけでなく、週に1度の集中ケアとしてシートマスクやパックなどを使う方法も良いでしょう。こうしたアイテムは市販のものを使っても良いですし、ティッシュやコットンに精製水と化粧水を含ませたものを肌に乗せてもOKです。放置時間は5分ぐらいを目安にはずしてあげ、美容液や乳液で肌を整えてくださいね。