脱毛の種類効果の違いについて

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

脱毛の種類効果の違い(光脱毛とレーザー脱毛)について

光脱毛とレーザー脱毛

永久脱毛効果がある脱毛方法は、大きくいくつかの種類に分類できます。

 

まず、近年の脱毛サロンやエステサロンなどで広く行われている施術方法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)と言う方法です。一度の照射で広い範囲のムダ毛を撃退することができるので、施術にかかる時間が短いという特徴があります。

 

しかし、照射出力が弱めなものが多いので、一度の照射でムダ毛を完全に撃退できるわけではなく、施術にかかる回数は増えてしまうというデメリットもあります。

 

脱毛サロンでも無痛脱毛といっても多少の痛みはあり!

 

照射出力が弱いので、病院で受けるレーザー脱毛などと比べると痛みは格段に抑えることができますが、毛穴の中に毛根が残っている場合には、完全に無痛と言うわけではありません。脱毛サロンやエステサロンで施術を受ける場合でも、最初の2,3回は痛いと感じるのが一般的です。

 

サロンではなく、医師がいる病院やクリニックで脱毛の施術を受けることもできます。一般的な総合病院でも可能なことはありますが、美容皮膚科や美容外科など美容系のクリニックで受けられるのが、レーザー脱毛と言うタイプの施術方法です。

 

一度の照射で施術できる面積が少ないため、光脱毛よりも施術に時間がかかってしまうというデメリットはありますが、病院だと医師の下で医療行為としての脱毛ができるので、強い照射出力でより確実な施術を行うことが可能です。そのため、痛みは強いですが少ない回数でムダ毛レスのツルツル肌へと近づくことができます。

 

医療脱毛のレーザー脱毛には痛みとコスト高は免れません

 

また、医療脱毛では医師が麻酔を使ってくれるケースもあります。ハイジニーナ脱毛など、デリケートな部分や痛みを感じやすい部位の場合には、クリームタイプの麻酔を使うことによって、より強い照射出力でも痛みを和らげることができます。ちなみに、エステサロンではそうした医療行為は行っていません。

 

最近ではすっかり少なくなった電気脱毛と言う方法も、永久脱毛効果が期待できる施術法の一つです。

 

この方法は、毛穴の中に針を入れそこに電気を通すことによって毛根を撃退するという方法で、ムダ毛が生えている毛穴の数が多ければ多いほど、気が遠くなるほどの時間がかかるという特徴があります。

 

近年では、光脱毛やレーザー脱毛が終了したけれど数年後に数本のムダ毛が再生してきた、なんていうケースで、電気脱毛でピンポイントな施術を行う方法が人気となっています。

 

狙った毛穴を確実に破壊できるメリットがある反面かなり激痛を伴うため、広い面積をこの方法だけで行ったり、まったく永久脱毛の経験がない人が最初から最後までこの方法で施術をするのは、あまりお勧めではありません。

 

⇒「医療レーザー脱毛の詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加