このエントリーをはてなブックマークに追加   

短期間でふくらはぎが痩せる為の方法とは?

ふくらはぎ痩せエステ

ふくらはぎは、よく体を動かす人なら日常生活の中でスッキリ細さを維持しやすい部位です。しかし、慢性的に運動不足の場合や、血行不良で体がむくみやすい場合などには、ふくらはぎの皮膚がパンパンになるほど太くなってしまうことも少なくありません。

 

そんな中で短期間でふくらはぎをすっきり細く痩せるためには、まずはふくらはぎに溜まっている体内のむくみや水分、老廃物をスッキリ除去するためのマッサージが有効です。

 

リンパの排出の効果って思っている以上にすごくて即効性があるのでその場でホッソリすた自分のふくらはぎを確認することができるのも魅力の一つですが、それらのコースは痩身エステサロンではどこのサロンでもプランの中に入っているので、ご自分のお近くに有るサロンをこちらから探してみましょう。

 

リンパ排出でふくらはぎダイエット痩身エステサロンはこちら

 

朝はふくらはぎがスリムなのに午後になるとパンパンに太くなるという場合には、重力に従ってむくみや水分がふくらはぎに降りてきていることが理由と考えられます。

 

 

そこで、足がパンパンになるまで待つのではなく、パンパンになりそうだなと感じたら、ふくらはぎの中央ぐらいに位置しているリンパ腺のツボを指の腹でグリグリと押して刺激してみましょう。鈍い痛みを感じたら、そこがツボです。ツボを何回か指で指圧すると、ふくらはぎのむくみや痛みがスッと引いていきますし、その場で効果を実感できるので、かなり即効性のある方法といえます。

 

一時的なむくみではなく、どういうわけかふくらはぎがいつも太いという場合には、脂肪だけではなく筋肉も太さの原因になっているかもしれません。

 

椅子に座った状態でふくらはぎを指でつまみ、立ち上がった時に指でまだつまめている部分は脂肪と考えることができます。立ちあがったらふくらはぎをまったくつまめない場合には、ヒラメ筋という筋肉が原因で太く見えていると考えられます。

 

ふくらはぎはもともと脂肪がつきにくい部位なので、短期間でほっそり痩せるためには太くしている原因と細くするためのコツを知ることが大切です。

 

まず、人間の体には重力がかかっていて、心臓よりも低い位置に血液が重力によってたまりやすいという傾向があります。そのため、できるだけ頻繁に心臓よりも高い位置にふくらはぎを置き、足に血液がたまらないように心がけると良いでしょう。寝ている時やテレビを見ている時には、足をクッションの上において心臓よりも高い位置にくるようにするだけでも効果的です。

 

また、ふくらはぎのむくみは、慢性化すると水分が脂肪に変わってしまうので注意が必要です。この部位は太いリンパ腺が通っていますから、足がむくみやすい人や太い人は、日常的にマッサージで老廃物やムクミを体外へ排出する工夫が必要です。

 

運動するよりもマッサージやツボ押しによって細くできるのが、ふくらはぎと言う部位の特徴といえます。運動をして脂肪を燃焼するという方法もありますが、ヒラメ筋が鍛えられすぎて逆に立派になってしまうこともあるので注意しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加