肝斑を消したい時は?ハイドロキノンが危ない!?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

肝斑を消したい時は?ハイドロキノンが危ない!?

ハイドロキノン

肝斑を消したい時はどうすればよいのか?という深い悩み解消方法についてご紹介します。

 

まず結論として、ハイドロキノンはお肌への負担が大きく掛かってきますが、副作用などの報告が多く、かぶれや、白斑などの症状でアレルギー症状が出る方が多くいるのでご利用の際には十分な注意が必要で、結果的に高効果を得られるか?悪化するか?という可能性を秘めている危険なものになるので、利用の際には安心の成分を利用しながら効果を期待できるこちらが一番おすすめです。

 

【医療レベル】ハイドロキシンで浸透成分キューソーム配合の強力漂白【全額返金保証付きで安心♪】

 

肝斑とはシミの一種ですが、紫外線を浴びたことが原因でできるシミではありません。このタイプのシミは、女性ホルモンのバランスが崩れたことで起こり、体の内側に原因があるという特徴があります。つまり、紫外線をまったく浴びていない人でも肝斑ができることはあるのです。

 

肝斑は紫外線が原因のシミではないので、美白効果のあるスキンケアを使ってもなかなか改善しません。また、皮膚科などでレーザーを使ったシミ治療でも、肝斑にはまったく効果がありません。このタイプのシミは、別のアプローチが必要となります。

 

顔のあちこちにシミがある人は、どれが肝斑で、どれが紫外線が原因の老班か、区別がつかないことも多いものです。

 

肝斑は一般的に、左右対称に発生することが多く、目尻のあたりにできることが多いという特徴があります。目尻から頬にかけてのあたりに、なんとなく左右対称に表れているシミがあり、美白化粧品でもなかなか改善できない場合には、肝斑の可能性があるので皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科を受診すると、クリニックによっていろいろな治療方法があります。

最も一般的なのは、ハイドロキノンと呼ばれる美白成分のクリームを使った治療法です。

 

漂白成分とも呼ばれているハイドロキノンは、肌にとって刺激が強いため、スキンケア商品にはほとんど配合されていない成分です。

 

濃度が高くなればなるほど肌もトラブルを起こしやすくなってしまうので、医師と相談しながら濃度を調整することになります。ハイドロキノンは紫外線を浴びると、逆にメラニン色素を作ってしまうという特徴があるので、ハイドロキノンを使った治療は、朝ではなく夜行うことになります。

 

サプリメントや内服薬も効果的です。皮膚科を受診すると、新陳代謝を活性化するためのビタミン剤や、血行を促進して皮膚細胞にも十分な酸素や栄養成分を届けることで肝斑を改善するためのトラネキサム酸などを処方してもらうことができます。長期間続けて摂取しても安全な成分なので、数か月間根気よく治療を続けることになります。

 

肝斑は、30代〜40代にかけて、女性ホルモンのバランスが崩れやすい年齢にできやすくなります。予防するためにはできるだけホルモンバランスが崩れないようにリラックスして毎日を過ごしたり、夜はできるだけグッスリ眠る生活習慣をつけるなどの方法が効果的です。

 

肝斑はいつどんなタイミングでできるか分かりませんし、気になるからと言ってこすったりすると色が濃くなったり大きくなったりして悪化してしまうこともあります。気になる場合にはすぐに皮膚科を受診して治療するようにしてください。

 

ハイドロキノンのような美白還元作用ではなく、ハイドロキノンで赤みが出たりする心配もないのが天然成分配合の敏感肌の方にも利用することができる美白化粧品になるのでうまく活用してみてください。

 

【医療レベル】敏感肌にも対応!ハイドロキシンで強力漂白【全額返金保証付きで安心♪】

 


このエントリーをはてなブックマークに追加