食生活とスキンケア

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

食生活とスキンケアについて

食生活とスキンケア

ニキビは、食生活やスキンケアと大きな関係があります。まず食生活ですが、ニキビの原因となる「過剰な皮脂分泌」は、それを引き起こす栄養成分もあれば、それを軽減する作用を持つ栄養成分とがあります。

 

肉料理やスイーツ、スナック菓子や炭酸飲料水などは、糖質や脂質が豊富な食品で、皮脂分泌を活性化してしまうと作用があるので、ニキビにとってはマイナスの食品です。思春期ニキビでも大人ニキビでも、ニキビができやすい人の中には、こうした食品が大好きという人は多いはず。

 

たまに少しだけ食べるなら良いのですが、日常的にたくさん食べる食生活を続けていると、ニキビはいつまでたってもなかなか改善してくれません。

 

ニキビをできにくくする栄養成分もあります。それが、ビタミンやミネラル成分です。これらの成分はニキビができにくい肌質を作るだけでなく、皮脂分泌を抑えたり、血液中の糖質や脂質などを分解してくれる作用があります。フルーツや緑黄色野菜、海藻などに多く含まれている成分なので、ニキビが気になる人はこうした食品を積極的に食べると良いでしょう。

 

普段の食生活では、こってりした洋食系の食事ではニキビができやすくなってしまいます。ニキビにとって理想的なのは、あっさりした和食系の食生活なので、家庭で料理をする場合にはあっさり系の食事を心がけたり、外食する際にも洋食より和食、こってりよりアッサリを選ぶように心がけるだけでも、ニキビ予防やニキビ改善には大きな効果が期待できます

 

スキンケアもニキビと大きな関係があります。ニキビができやすい人は、「毛穴が詰まっているのだろう」「オイリー肌で気持ち悪いから」と、過剰に洗顔ばかりしたり、自分の肌がオイリー肌だと勘違いして間違ったスキンケアをしてしまうことが少なくありません。

 

思春期ニキビの場合には過剰な皮脂分泌が原因となることが多いものの、成人女性のニキビの多くは、肌の乾燥が引き起こす皮脂分泌によってニキビができるというケースが少なくありません。乾燥肌用のスキンケアをしなければいけないのにオイリー肌のスキンケアをしていたのでは、ニキビはいつまでたっても改善しませんし、かえって悪化してしまうだけです。

 

普段のスキンケアは、とにかく保湿を心がけてみましょう。保湿は水分補給を行うので、肌がべたつくことはありません。肌が内側から乾燥していることが考えられるので、化粧水をつける時には少量を何回かに分けて重ねづけするのがおすすめです。


このエントリーをはてなブックマークに追加