毛穴の黒ずみを消す方法は皮脂と毛穴の汚れに有り!

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

毛穴の黒ずみを消す方法は皮脂と毛穴の汚れに有り!

毛穴の黒ずみを消す方法

毛穴の黒ずみを消す方法はまず毛穴に皮脂とか汚れが詰まって、そこから紫外線を浴びることで酸化してから毛穴の中で黒くなってしまっている状態のことです。

 

まずはこの黒ずみになるまでのサイクルを把握した上で適切なケアをすることが毛穴の黒ずみを解消する方法になるので自分の症状改善に繋げてみてください。

 

ふと鏡を見たら毛穴が黒ずんでいたという悲劇は、誰も一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

毛穴が黒ずんでしまう場合には、毛穴の中に詰まっている皮脂が酸化して黒くなってしまっているということもあれば、皮脂の黒ずみが毛穴の中の細胞にも移って色素沈着を起こしてしまっているケースもあります。どちらの場合でも、毛穴の黒ずみを放置していても良い事はないので、黒ずみを見つけたら早期にケアして黒ずみの原因を取り除いてあげましょう。

 

毛穴の黒ずみにはお肌のターンオーバーを正常化させることが大事になってきます。

 

そうしないと、結局黒ずみをケアしても繰り返す原因になってしまうので、根本的に毛穴の汚れと余分な皮脂を取り除いてしっかりと潤いとターンオーバーサイクルを作ることが大切です。

 

黒いボツボツの毛穴の黒ずみケアの詳細はこちらが参考になります

 

特に多い毛穴の黒ずみの三角ゾーンになぜできる?!

 

毛穴が黒ずみやすい場所と言うのは、皮脂分泌が活発な場所になります。小鼻のあたりや唇の下の顎、頬なども黒ずみやすくなってしまいます。皮脂分泌が活発な場所では毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなりますが、皮脂は空気に触れると酸化して黒ずんでしまうという特徴があります。

 

普段のスキンケアで皮脂のつまりを確実に洗い落としていればそうした問題も起こりにくいのですが、スキンケアで十分に皮脂が取れていなかったり、間違ったスキンケアで毛穴が詰まっていたりすると、皮脂が長時間空気に触れることによって酸化してしまうことになります。そうすると、毛穴が黒くブツブツと目立ってイチゴ鼻やオレンジ頬のようになってしまうこともあります。

 

毛穴の黒ずみを解消するためには、とにかく毛穴ケアを徹底して行わなければいけません。スチーム美顔器などを使って毛穴をしっかり開いてからメイク落としをしたり、洗顔前に蒸しタオルを顔に当てて毛穴をしっかり開いてから泡洗顔をするなど、毛穴の中に皮脂を出来るだけ残さない工夫が必要となります。

 

毛穴の中に詰まっている皮脂が黒い場合には、皮脂を取り除けば黒ずみは解消できます。

 

しかし、皮脂の黒ずみが肌細胞にも移って色素沈着している場合には、皮脂を取り除いても黒ずみが残ってしまうので、スキンケアで美白効果のあるものを使い、黒ずみを改善することが必要になります。

 

美白作用のある成分には、ビタミンC誘導体やアルブチンなどがありますが、あまりにも黒ずみが目だって気になる場合には、皮膚科でハイドロキノンと言う美白成分が入ったクリームを処方してもらうという方法も効果的です。

 

一度肌が黒ずんでしまうと、美白化粧品などのスキンケアを使っても改善するには時間がかかってしまいます。毛穴の黒ずみだけでなく、肌トラブルは起きてからケアするよりも、そうならないように予防する方がずっと簡単なので、毎日の洗顔ではしっかり皮脂を取り除き、黒ずみの原因を作らないように心がけると良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加