毛穴の角栓除去方法|皮脂と毛穴汚れを落とすには?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

毛穴の角栓除去方法|皮脂と毛穴汚れを落とすには?

毛穴の角栓除去方法

みなさんは毛穴の角栓除去方法をご存知でしょうか?

 

毛穴からは常に汗や皮脂が分泌されています。毎日の洗顔で汗も皮脂もスッキリ除去できれば角栓ができてしまう心配はありませんが、取ったつもりでも毛穴の中に残っていると、毛穴の中の皮脂が時間を経て硬くなり、角栓になってしまいます。

 

皮脂という状態ならまだ流動的なものなので、洗顔などで除去できますが、角栓は空気に触れて硬くなった固形物なので、除去する場合には細心の注意が必要ですし、間違った方法で除去すると毛穴周辺の皮膚がダメージを受けて、毛穴が広がりっぱなしになったりトラブルの原因にもなりかねません。しかし放置していても自然になくなってくれないので、早期に正しい方法で除去するようにしましょう

 

毛穴の角栓除去法の中でまず最初にトライしたいのは、洗顔前にスチーム美顔器もしくは蒸しタオルなどで毛穴を最大限に開いてから、泡洗顔によって毛穴の中をすっきりお掃除するという方法。

 

また、マッサージクリームで肌のマッサージをする際にも、事前に蒸しタオルなどで毛穴を開いておくと、マッサージした時に角栓が取れやすくなります。どんなに角栓が大きくても、その出口となる毛穴の入り口が閉じている場合には、角栓は出てくることができません。無理なく毛穴を開くためには、蒸しタオルもしくはスチーム美顔器の使用がおすすめです。

 

市販の毛穴除去アイテムを使うのも良いでしょう。毛穴に詰まっている毛穴に吸着して確実に引っ張り出してくれる毛穴パックや、毛穴の周辺に圧をかけて、毛穴の中に詰まっている角栓を自然に押し出す毛穴プッシャーなどは、

 

あまり頻繁に使いすぎると大きなダメージとなりますが、頑固に詰まっていてなかなか取れない角栓を取りたい時には優秀なアイテムです。こうしたアイテムを使う場合にも、毛穴の入り口の細胞にダメージを与えないように、毛穴はあらかじめ開いた状態で行うのが鉄則です。

 

蒸しタオルなどを使うのが面倒な場合には、お風呂の湯船につかりながら毛穴除去ケアをする方法もあります。お風呂の湯船に使っていると、湯気で毛穴は自然と広がるので、毛穴パックをしたり、鏡をもちこんで毛穴プッシャーを使うのも良いでしょう。

 

毛穴の中から角栓除去をしたら、開きっぱなしの毛穴に再び皮脂がたっぷり詰まってしまわないように、毛穴を閉じるケアをしてあげましょう。化粧水や美容液、乳液などで普段通りのスキンケアをしたら、冷蔵庫や冷凍庫の中に顔を入れたり、氷を包んだビニール袋を肌表面に滑らせて、毛穴を引き締めてあげると良いでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加