アレルギー肌と敏感肌の改善方法

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

アレルギー肌と敏感肌の改善方法

アレルギー肌と敏感肌

アレルギー肌と敏感肌の違いは簡単に説明すると、アレルギー肌は改善することができないので、アレルギー反応を起こさない化粧品を利用する(無添加化粧品、ハーブ化粧品)ことで赤みが出たりする書状を改善することができます。

 

決して皮膚科で処方されるステロイドなどを顔に塗ったりしないようにしてください。お肌への負担が大きいので使用には要注意です。

 

それに代わって敏感肌に限っては肌質を改善することができるので大幅にお肌のバリア機能が活性化されるのでキメの整ったお肌になります。

 

敏感肌も利用できるお試し化粧品トライアルセット

 

アレルギー肌と敏感肌。どちらもわずかな刺激で肌がトラブルを起こしやすいという特徴がありますし、どちらもバリア機能が低下しているため、好きなスキンケアを思う存分にできないという悩みがあります。しかし、この両者は同じではありません。

 

アレルギー肌はスキンケアで最も難しいお肌!?

 

アレルギー肌と言うのは、特定の成分に対してアレルギー反応を起こしてしまう肌のこと。

 

つまり、自分がアレルギーを持っている成分が含まれていればトラブルを起こしてしまうけれど、そうでなければ安心して使うことができるというタイプの肌質です。

 

アレルギー肌の人の中には、たくさんの成分に対してアレルギーを起こしやすかったり、アレルギーを起こしやすい成分はすべてNGと言う人もいるため、スキンケアを選ぶ際には一つ一つの成分をよく吟味しながら選ばなければいけません。

 

敏感肌はバリア機能の低下で肌質改善が可能♪

 

一方、敏感肌と言うのは、肌の乾燥が極度に進行していて肌のバリア機能が低下している状態の肌質のことです。

 

肌は表面をバリア機能で覆われていて、外からの刺激に対して肌がトラブルを起こさないようなメカニズムとなっています。しかし、肌が乾燥することによって肌表面を覆っている細胞に隙間ができてしまい、そこから刺激成分が侵入しやすくなってしまいます。

 

刺激性のある成分が肌の内側に侵入すると、アレルギー症状を起こすので、肌がかゆくなったり赤くなったり、ブツブツができたりして、こうしたアレルギー症状はアレルギー肌の人に起きる症状ととても良く似ています。

 

人間の体は、一度アレルギー物質だと体が認識すると、一生その成分に対してはアレルギー反応を起こしてしまいます。花粉症が一度発症すると、引越しなどで生活環境を変えない限りは毎年同じ季節にアレルギー症状が出てしまうというのは、そのためです。

 

スキンケア商品に含まれている成分でも、アレルギーを起こす成分はこの先ずっと使うことはできません。どんなにスキンケアを工夫して肌質を改善しても、アレルギー物質に対する反応は変わりません。

 

しかし、敏感肌はスキンケアで肌質改善することができます。

 

極度の乾燥が引き起こしている敏感肌は、毎日のお手入れで徹底した保湿ケアをしてあげることが肌質改善につながります。バリア機能が低下している時にはなかなか肌に合うスキンケアが見つかりづらいものですが、敏感肌用のものを使って毎日徹底的に保湿ケアを心がけましょう。

 

少しずつ肌質が改善され、それまで過剰反応を起こしていた化粧品でも問題なく使えるようになります。

 

そんな敏感肌肩も利用することができる化粧品がこちらです

 

敏感肌も利用できるお試し化粧品トライアルセット【返品保証付き】


このエントリーをはてなブックマークに追加