女子ネタプレイス

子育ての教訓:口うるさく言わない・言えない環境を作る

 

 

口うるさくいうことは、親もしんどいものであり、毎日のようにうるさくいいすぎると、効果が薄れていくものであります。だまって子供の行動を見守ることも大切です。

 

 

何も言わない方が良い時もある

 

 

例をあげると、遊んだり、色々な事に気が散りなかなか食事が進まないということがあります。イライラして口うるさくいったり、見かねて食べさせたりとしてしまいがちですが、食事が楽しめなくなったり、成長のさまたげとなることもあるでしょう。

 

 

見守るということはしんどいと感じるかもしれませんが、後々の自身の負担も軽減となります。

 

 

広い心で見守ってみましょう。

口が出そうになったときには、深呼吸としましょう。

それで、出そうになった言葉もひっこむかもしれません。

 

 

それでも言葉が出そうになったら口が出せない距離、目に入らない空間を作る

 

 

つまり個々の時間をとるということです。旦那さんに協力を得たり、親に協力を得たりして作ることはできるとは思います。

 

それも難しいとすれば一時預かりというサービスを利用とするのもよいでしょう。

 

そんなお金ないという方も多くいるかもしれませんが、一時間ワンコインほどのところもあります。一時間でストレスが発散とできることもあるでしょう。

 

それでお互いが気持ちよく生活とできれば安いものではないでしょうか?月に何度も利用とするわけでもないでしょう。子育てをより良好に進めるアイテムとして便利に活用してみましょう。

【PR】おすすめ情報


おすすめ500円ダイエットエステ♪

elleseine

Pickup記事一覧♪
お悩みPICKUP

にほんブログ村 美容ブログ 女磨きへ